脱毛はエチケットの一つ

苦痛なのに打たなければならない

初めてパチンコをした時は、ほんの遊び感覚で演出を楽しむ余裕があったと思います。
自分ではどうしてもパチンコ やめたいとの相談はコチラまで
でも依存症になってしまうと演出を楽しむよりも当たるか当たらないかで常にイライラして打つことが増えます。依存症が進むとパチンコを楽しむというよりお金を稼ぎたいと思うようになるためです。お金は無限にあるわけではないですから、打つための軍資金が必要です。そのためには勝ち続けなければいけないのですが、ギャンブルですから負けるときもあるわけです。使っちゃいけない家賃などのお金にも手をつけ出します。それもなくなってしまうと、使い込んでしまったお金を取り戻そうとキャッシングしてさらにパチンコを打とうと考えます。依存症の人はなぜか勝った時の印象ばかりが強く残っていて、次は必ず勝てるという根拠のない自信を持っていることが多いです。挙句の果て、キャッシングした分のお金もつぎ込んでしまいさらなるキャッシングに手を出し泥沼にはまってしまうのです。そこにはもう楽しかったパチンコはなく、苦しくても打ち続けなければならないもの変わっているのです。
悩みながらもなかなかパチンコ やめたい方はコチラでお待ちしております